こんばんは。広島市南区の鍼灸 整体の佐々木整骨鍼灸院です。しばらく、僕が所属しているTMS JAPANの【根拠に基づく腰痛治療】を転載したいと思います。

■従来の腰痛概念に重大な転機が訪れたのは、アメリカ医療政策研究局(AHCPR)が
1992年までに発表された急性腰痛に関する論文の体系的レビューを実施し
『成人の急性腰痛診療ガイドライン』を報告した1994年のことである。
http://1.usa.gov/uhlYSO 

■AHCPRが『成人の急性腰痛診療ガイドライン』に着手した理由は次の4点。
(1)アメリカでは腰痛の罹患率が15~20%と高く、就業不能の原因として
挙げられる第1位が腰痛である。
http://amzn.to/vrNNX9 http://1.usa.gov/rCoRH0 

■(2)腰痛はプライマリーケアにかかる患者が訴える2番目に多い症状であり、
整形外科医・神経外科・産業医を訪れる最大の理由でもあり、
外科手術を受ける3番目に多い疾患でもあることから、
経済的・心理社会負担がきわめて大きい。http://1.usa.gov/vfUs5A 

■(3)腰痛による活動障害のある患者の大部分は臨床転帰を
改善させる有効な診断と治療を受けていないという科学的根拠が増加中。
http://1.usa.gov/skKUsb http://1.usa.gov/ta2GAI
 http://1.usa.gov/sWhMm0  

■(4)腰痛の研究機関が増加してきたために、一般的に行なわれている
腰痛治療の体系的評価が可能となった。
現存する科学論文には欠点があるものの、
現在行なわれている治療法の有効性と安全性に関する結論には
充分な科学的根拠がある。
http://1.usa.gov/uhlYSO 

■『成人の急性腰痛診療ガイドライン』作成委員会は、
医師、カイロプラクター、看護師、理学療法士、作業療法士、
および患者の代表などで構成され、
腰痛とは下肢痛を含む腰に関する症状で活動障害があるもの、
急性とは3ヶ月以内と定義。http://1.usa.gov/uhlYSO 

■『成人の急性腰痛診療ガイドライン』
では科学的事実を次の4段階に分類している。
A:強力な事実に即した根拠
(多数の質の高い科学的研究)。

B:中等度の事実に即した根拠
(1件の質の高い科学的研究か多数の妥当な科学的研究)。
http://1.usa.gov/uhlYSOC:限られた事実に即した根拠(腰痛患者に関する1件以上の妥当な科学的研究)。
D:事実に即した研究としては基準を満たさないと判断した研究)。
しかし腰痛に関するRCTは全体の0.2%しかないため
「A」の科学的事実は存在しない。
http://amzn.to/vjHaRg 

■AHCPR(アメリカ医療政策研究局)が作成した
『成人の急性腰痛診療ガイドライン』では急性腰痛の診断について
【初期評価】【画像検査】【その他の検査】ごとに
エビデンスレベル(科学的根拠の確証度)を明記して勧告を出している。
http://1.usa.gov/uhlYSO 

■【初期評価】1:患者の年令、症状の内容とその期間、
仕事や日常生活への影響、過去の治療に対する反応は
腰痛の治療にとって重要である(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO
■2:がんの既往歴、原因不明の体重減少、免疫抑制剤や静注薬物の使用、
尿路感染症の既往歴、安静時の疼痛増強と発熱は、
がんや感染の可能性を示唆するレッドフラッグ(危険信号)とする。
これらは50歳以上の患者で重要(確証度B)。http://1.usa.gov/uhlYSO

■3:馬尾症候群の徴候である膀胱機能障害やサドル麻痺を伴う下肢の筋力低下は、
重大な神経障害を示唆するレッドフラッグ(危険信号)とする(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■4:外傷の既往歴(若年成人の高所からの転落や交通事故、
高齢者や骨粗鬆症患者における転倒や重量物の挙上)は、
骨折の可能性を念頭に置く必要がある(確証度C)。http://1.usa.gov/uhlYSO

■5:心理的・社会経済的問題などの非身体的因子は、
腰痛の診断と治療を複雑にする可能性があるため、
初期評価の段階で患者の心理的・社会経済的問題に
注意を向けることが推奨される(確証度C)。http://1.usa.gov/uhlYSO

■6:疼痛図表(pain drawing)や可視疼痛計測表(visual analog scale)
は病歴聴取に利用可能である(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■7:SLR(下肢伸展挙上)テストは若年成人の坐骨神経痛の評価に推奨されるが、
脊柱管狭窄を有する高齢患者ではSLRが正常となる可能性がある(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■8:神経障害の有無の判定には、アキレス腱反射・膝蓋腱反射・
母趾の背屈筋力テスト・知覚異常領域の確認といった
神経学テストが推奨される(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■【画像検査】1:単純X線撮影は、最近の重度外傷(全年齢)・
最近の軽度外傷(50歳以上)・長期のステロイド服用・骨粗鬆症・
70歳以上というレッドフラッグがなければ、1ヶ月以内の急性腰痛の検査として
推奨しない(確証度B)。http://1.usa.gov/uhlYSO

■3:単純X線検査にCBCとESRの併用は、がんや感染症の既往・
37.8℃以上の発熱・静注薬の乱用・長期のステロイド服用・
安静臥床で悪化する腰痛・原因不明の体重減少が存在する場合、
腫瘍と感染症の鑑別に有効(確証度C)。http://1.usa.gov/uhlYSO
■4:腫瘍や感染症を疑わせるレッドフラッグ(危険信号)が存在する場合、
単純X線撮影で異常所見がなくても
骨スキャン、CT、MRIが必要となる可能性がある(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■5:斜方向からの腰椎単純X線撮影を日常的に行うことは、
放射線被曝の影響を考えれば成人には推奨できない(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■6:馬尾症候群や進行性の筋力低下のある患者は緊急手術が
必要となる可能性があるため、
CT・MRI・ミエログラフィー・CT-ミエログラフィーの緊急検査を推奨する。
緊急検査の実施は外科医と相談して決定すべき。(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■7:脊椎腫瘍・感染・骨折・その他の占拠性病変の存在が強く疑われる場合は、
CT・MRI・ミエログラフィー・CT-ミエログラフィーによる検査を
実施することが推奨される(確証度C)。http://1.usa.gov/uhlYSO

■8:重篤な疾患を示唆するレッドフラッグがある場合を除き、
腰痛発症後1ヶ月以内のCT・MRI・ミエログラフィー・CT-ミエログラフィーは推奨しない。
発症1ヶ月後に重篤な疾患の鑑別や手術を検討する場合には容認(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■9:腰椎外科手術の既往歴のある急性腰痛患者において、
腰椎外科手術による瘢痕組織と椎間板ヘルニアを鑑別するための
画像検査にはMRIを用いる(確証度D)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■10:ミエログラフィーとCT-ミエログラフィーは侵襲的な検査であり、
合併症のリスクを増大させることから、
外科手術を前提とした特別な状況に限って行われるべき画像検査である(確証度D)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■11:CTとMRIのスライス幅は0.5cm以下で椎体終板に平行。
MRIの磁界強度は0.5T以下。ミエログラフィーとCT-ミエログラフィーは水溶性造影剤。
これらの画像検査の調書は放射線科医の報告を基に作成(確証度B)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■12:骨スキャンはレッドフラッグが認められる急性腰痛患者の評価に推奨するが、
妊娠中は禁忌である(確証度C)。
13:サーモグラフィーは急性腰痛患者の評価に推奨できない(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

■13:椎間板造影(ディスコグラフィー)は侵襲的な検査である上にその解釈も曖昧なため、
急性腰痛患者には推奨できない。
他の非侵襲的検査(CT・MRI)を行うことで、
椎間板造影による合併症は回避可能である(確証度C)。
http://1.usa.gov/uhlYSO

少し退屈かもしれませんが、知っておいて役立つ事がありますので、お暇な方は目を通してみてください~ (^_^)v

実は僕自身が役立っていますが。。。(笑)

痛み・悩みの原因を知り、根本から解決したい方 向けの治療院です。
広島市南区の整体 佐々木整骨鍼灸院
公式HP 広島市南区の整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院
最新HP広島市南区 整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院
広島市南区の整体 口コミNo.1の佐々木整骨鍼灸院
【あなたの こころ と からだ に 優しくアプローチします!】


The following two tabs change content below.
佐々木 雅康(ささき まさやす)

佐々木 雅康(ささき まさやす)

痛みの消失や不調の改善など現実的な様々な問題を抱え、不安や疑問を持たれている多くの方に、役立てるように施術していきたいと思います。
佐々木 雅康(ささき まさやす)

最新記事 by 佐々木 雅康(ささき まさやす) (全て見る)

佐々木整骨鍼灸院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をなのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
佐々木整骨鍼灸院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談ください TEL 082-288-2373 受付:8:30~20:30
   ※水曜・土曜8:30~17:00
休診日:日曜・祝日
住所:広島県広島市南区東雲本町2-9-9 東園ビル1F
地図・行き方