こんばんは。広島市南区の鍼灸 整体 佐々木整骨鍼灸院です。またまた続きシリーズ~(笑)

■脊柱管狭窄症に対する減圧椎弓切除術に関する74件の論文を
レビューしたところ減圧椎弓切除術によって優または
良と評価できた割合は平均64%だったことが判明。
やはりプラシーボの平均有効率70%を超えていない。
http://1.usa.gov/k28GnN変形性膝関節症患者180名を関節鏡手術群、関節内洗浄群、
模擬手術群に割付けたRCTによると、
関節鏡手術の成績は2年間にわたって模擬手術と同等だった。
プラシーボに過ぎない関節鏡手術にかかる医療費は他に振り向けるべき。
http://t.co/TbB5ddK

■27,801名を対象としたアンケート調査から、
急性腰痛患者の86.2%は2週間以内に治癒することが判明。
この86%という自然治癒率とプラシーボの70%を超えられない治療法は
価値がないどころか治癒を妨げていることになる。
http://1.usa.gov/kbxBhi

■急性腰痛患者203名を対象に2日間の安静臥床群と
7日間の安静臥床群を比較したRCTによると、
3週間後の欠勤日数は2日間の安静臥床群の方が45%少なかった。
急性腰痛に対する安静臥床は欠勤日数を増やすことが証明される。
http://1.usa.gov/jFHMqM

■1966年~1996年に発表された急性腰痛患者に対する
アドバイスに関する論文をレビューした結果、
安静臥床は効果がないばかりか回復を遅らせるが、
日常生活を続けると職場復帰が早く、
慢性化を防ぎ、再発率も低下することが判明。
http://1.usa.gov/iKlS4V

■安静臥床に関する39件のRCTをレビューした結果
、安静臥床によって改善が認められた研究はひとつも存在しない
。激痛のために動けない場合は別として、
急性腰痛患者が安静に寝ているのは有害で危険な行為。
即刻やめさせるべき。http://1.usa.gov/in85AR

■6週間以上持続する腰痛患者151名を対象とした牽引群
とシャムトリートメント(擬似牽引)群に割り付けた
ランダム化比較試験(RCT)によると、
3ヵ月後と6ヵ月後のどの時点においても
両群間の疼痛軽減率に差は認められなかった。
http://1.usa.gov/pbbXCc

■坐骨神経痛患者を対象とした牽引群
とシャムトリートメント(擬似牽引)群に
割り付けた二重盲検ランダム化比較試験によると、
両群の間に疼痛や理学所見の差は認められなかった。
腰痛や坐骨神経痛に対して牽引が有効だという証拠はない。
http://1.usa.gov/qWLMLj

■頚部痛と腰痛に対する牽引に関する7件の
RCT(ランダム化比較試験)をレビュー(批判的に吟味)した結果、
どの研究からも牽引の有効性は認められなかった。
腰痛や坐骨神経痛に牽引が有効だという
証拠は今のところ存在しない。
http://1.usa.gov/qeOuDX

■食品流通センター勤務の男性90名を対象に
、荷物の持ち上げ方に関する教育群、
特注コルセット+教育群、
非介入群に割り付けて6ヶ月間追跡したRCTによると、
3群間の腰痛発症率と腰痛による欠勤日数に差は認められなかった。
http://1.usa.gov/nx51vQ

■空港貨物部勤務の312名を対象に、
荷物の持ち上げ方に関する教育群、
コルセット+教育群、コルセット群、
非介入群に割り付けて6ヶ月間追跡したRCTによると、
4群間の腰痛発症率と腰痛による欠勤日数に差は認められなかった。
http://1.usa.gov/pAUFtW

■小売店の資材運搬担当者9,377名を対象
とした6ヶ月にわたる前向きコホート研究によると
、腰部サポートベルト毎日装着群、
週1~2日装着群、非装着群の3群を比較した結果、
腰痛発症率も労災申請件数も減少しなかった。
http://1.usa.gov/q7mNYQ

■腰部コルセットやサポートベルトの装着で
腰痛を予防できないのは明白だが、
これまで考えられていたように長期間の装着によって
腹筋力や背筋力の低下を招く危険はない。
腰部コルセットやサポートベルトは
リスクもベネフィットもない。
http://t.co/gexF0X8

■急性腰痛患者363名を対象に
標準的治療群、運動療法群、
シャム(疑似治療)群に割り付けて1年間追跡したRCTによると
、腰痛による欠勤率は運動療法群が最も高く、
シャム群が最も低かった。
急性腰痛に対する運動療法は無効。
http://1.usa.gov/nZYZXu

■急性腰痛患者186名を対象に2日間の安静臥床群、
ストレッチ群、日常生活群に割り付けたRCTによると、
ストレッチ群は安静臥床群より欠勤日数が少ないものの
日常生活群には及ばないことが判明
。急性腰痛の特効薬は日常生活の維持。
http://1.usa.gov/mOolz9

■健常者402名を腹筋強化運動+教育プログラム群と
教育プログラム群の2群に割り付けて
2年間追跡したRCTによると、
両群間の腰痛発症率には差が認められなかったことから、
腹筋強化運動は腰痛を予防できないことが判明。
http://1.usa.gov/p3JqOY

■航空機製造会社に勤務する3020名を対象とした
4年以上にわたる前向きコホート研究では、
腰の柔軟性を測定することで
過去の腰痛歴や将来の腰痛発症率は
予測できないことが判明。
腰痛疾患に対するストレッチの有効性に疑問あり。
http://1.usa.gov/nrEjPB

■ストレッチ運動と筋肉痛やスポーツ外傷に関する
7件のRCTを吟味した体系的レビューの結果、
運動前後のストレッチ運動では筋肉痛を予防できないし、
スポーツの前にストレッチ運動を行なっても
スポーツ外傷は予防できないことが判明。
http://1.usa.gov/qG7uVT

■腰痛に対する運動療法をテーマとした
11件のRCTをレビューした結果、
急性腰痛(6週未満)に有効な運動療法は存在しないものの、
亜急性腰痛(6週~3ヶ月未満)や慢性腰痛(3ヶ月以上)には
運動療法が有効であることが判明http://1.usa.gov/qL98sH

■腰痛患者109名をオステオパシー(脊椎療法)群、
ジアテルミー群、シャム(見せかけのジアテルミー)群
に割り付けたRCTによると、
3群間に改善率の差は認められなかったことから、
オステオパシーもジアテルミーもプラシーボ効果?
http://1.usa.gov/qPRztD

 

痛み・悩みの原因を知り、根本から解決したい方 向けの治療院です。
広島市南区の整体 佐々木整骨鍼灸院
公式HP 広島市南区の整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院
最新HP広島市南区 整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院
広島市南区の整体 口コミNo.1の佐々木整骨鍼灸院
【あなたの こころ と からだ に 優しくアプローチします!】


The following two tabs change content below.
佐々木 雅康(ささき まさやす)

佐々木 雅康(ささき まさやす)

痛みの消失や不調の改善など現実的な様々な問題を抱え、不安や疑問を持たれている多くの方に、役立てるように施術していきたいと思います。
佐々木 雅康(ささき まさやす)

最新記事 by 佐々木 雅康(ささき まさやす) (全て見る)

佐々木整骨鍼灸院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をなのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
佐々木整骨鍼灸院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談ください TEL 082-288-2373 受付:8:30~20:30
   ※水曜・土曜8:30~17:00
休診日:日曜・祝日
住所:広島県広島市南区東雲本町2-9-9 東園ビル1F
地図・行き方