こんばんは。広島市南区の鍼灸 整体 佐々木整骨鍼灸院です。またまた続きシリーズ~ 今回で 根拠に基づく腰痛治療シリーズは終了します。

もっと多くの情報を知りたい方は こちらのHPを見てください!

TMSジャパン

■腰下肢痛患者に対する早期画像検査(X線・CT・MRI)の
有効性に関するRCTを詳細に分析した結果、
レッドフラッグのない患者に画像検査を行なっても
臨床転帰は改善しないことが判明。医師は腰下肢痛患者の画像検査を控えるべき。
http://1.usa.gov/rpcVg2

■腰痛患者101例を早期X線撮影群と
教育的介入群に割り付けたRCTの結果、
両群間の重篤疾患・改善率・機能障害・満足度に
差は認められなかったことから、
患者の不安・不満・機能障害を招かずにX線撮影を
やめて医療費の削減は可能。
http://1.usa.gov/qlCXOP

■腰痛患者782名を対象としたMRIかCTを早期に使用した場合の
臨床転帰と費用対効果に関するRCTでは、
早期画像検査による臨床転帰の改善は
認められず費用対効果が低いことが判明。
X線撮影だけでなくMRIやCTも役立たない。
http://1.usa.gov/s0OkVE

■腰痛患者380名をX線撮影群と
MRI群に割り付けて臨床転帰を
比較したランダム化比較試験によると、
両群間の活動障害・改善率・再発頻度などに
差は認められなかった。
医師も患者もMRIを好むが手術件数が
増えて医療費が高騰する。
http://1.usa.gov/sxB3et

■腰痛患者421名を対象に
腰部X線撮影群と非撮影群を9ヶ月間追跡したRCTによると、
両群間の治療成績に差は認められなかったものの、
X線撮影群は治療への満足度が高かった。
医師はX線撮影に頼らず満足度の向上を目指すべき。
http://1.usa.gov/uLyME9

■腰痛患者659名をX線撮影群と
非撮影群に割り付けて1年間追跡したランダム化比較試験の結果、
両群間の身体機能・疼痛・活動障害の改善率に差は認められなかった。
ガイドラインは腰痛患者の腰部X線撮影を避けるよう勧告している。
http://1.usa.gov/rrG6so

■腰下肢痛患者246名を対象に
MRI所見と保存療法の治療成績について
2年間追跡した結果、椎間板ヘルニアは腰痛患者の57%、
下肢痛患者の65%に検出されたものの、
治療成績とヘルニアのタイプ、大きさ、活動障害は
無関係だった。
http://1.usa.gov/tZmk9p

■米国ではCTやMRIによる画像検査は5年間で43%増加し、
PETスキャンに至っては4年間で3倍に増加。
民間の大手保険会社はこうした医療費の高騰を抑えるために
放射線ベネフィットマネージャーを使って医療調査を開始した。
http://on.wsj.com/uhkJdN

■NCRP(米国放射線防護審議会)によると、
2006年に米国民が被曝した放射線量は
1980年代初頭の7倍に達した。
主な原因はCTや核医学検査の増加によるもので、
これらの画像検査による放射線被曝は医療被曝全体の75%を占める。
http://bit.ly/tyisnE

■医療行為の中で必要のない画像検査が
行なわれているのは事実。
CTによる放射線被曝だけでも米国で発症するがんの2%の原因になっている。
リスクとベネフィットを考えると不適切なCTやX線撮影を
制限することで生命を救える可能性がある。
http://bit.ly/hyDov1

■日本の原爆被爆者データベースから
先進15ヶ国の画像検査による放射線被曝量と
発がんリスクを推計した結果、
検査回数も発がんリスクも日本が世界一であることが判明。
全がん患者の4.4%(約1万人)が画像検査に起因している可能性あり。
http://1.usa.gov/blSDtG1回の全身CTによる放射線被曝量は、
広島・長崎の爆心地から3.2キロの地点で被爆した生存者とほぼ同じで、
がんによる死亡リスクが増加するのは明らか。
CTの保有台数は日本が世界一でアメリカの7倍、
イギリスの16倍にも達している。
http://bit.ly/hyDov1

■レッドフラッグのない腰痛患者に
対するルーチンな早期画像検査に
メリットのないことは明らかだが、
それを一人の患者に説明するのに
30~45分かかるために診療スケジュールが大混乱する。
時は金なりが過剰な画像検査の最大の理由。
http://1.usa.gov/rpcVg2

■ガイドラインの勧告を無視した根拠のない
不適切な診断と治療が急増している。
慢性腰痛に対してメディケアが支出した医療費は、
硬膜外ブロックが629%増、
オピオイド投与が423%増、
MRIが307%増、脊椎固定術が220%増。
http://1.usa.gov/uvRl1n

■大手民間保険会社の2000年~2004年までのデータを
分析した結果、MRIとCTの実施率は50%以上増加し、
PETは400%も増加していたことが判明。
費用のかかる高度な画像検査は診療ガイドラインに基づいて行なうべき。
http://1.usa.gov/tT81mY

■メディケア受給者を調査した結果、
11年間で腰痛患者(132%増)の医療費は387%増加し、
2年間でブロック注射の費用は59%、
MRIとCTの費用は42%増加。
レッドフラッグのない61%がMRIを受けていた。
http://1.usa.gov/tWSnmN

■306ヶ所の医療機関から
メディケア受給者をランダムに抽出して分析した結果、
CTとMRIの実施率は地域によって異なっており、
画像検査実施率が最も高い地域は手術実施率も最も高いことが判明。
画像検査の妥当性には疑問がある。
http://1.usa.gov/u160QN

■画像検査実施率の上昇は、
7年間で硬膜外(腰部・仙骨)ブロックの医療費が629%増加したこと、
および10年間で椎間関節ブックの医療費が543%増加したことと明らかに関連。
http://1.usa.gov/sESMNX http://1.usa.gov/sB7pOe

■腰痛疾患に対するオピオイド(麻薬系鎮痛剤)投与は増加傾向にあるが、
オピオイドに関連する死亡者数は5年間で160%増加し、
ヘロインとコカインによる総死亡者数を上回っている。
http://1.usa.gov/tWT5d4 http://1.usa.gov/ahierm

■この10年で慢性腰痛の画像検査と治療の実施率が急上昇。
硬膜外ブロックが629%、オピオイド投与が423%、MRIが307%、
脊椎固定術が220%増加したものの治療成績に改善は認められない。
不適切な過剰診療は控えるべき。
http://1.usa.gov/uvRl1n

腰痛の予防法に関する20件の
ランダム化比較試験を分析した結果、
腰痛ベルト・靴の中敷き・人間工学的介入・
重量物挙上軽減教育に効果はなく、
運動療法のみが腰痛とそれによる欠勤を
予防できるという強力かつ一貫性のある証拠を発見。
http://1.usa.gov/vi52lt

■1966年~1993年の間に
発表された腰痛予防に関する64件のランダム化比較試験(RCT)を
分析した体系的レビューによると、
運動に予防効果はあるものの、
正しい物の持ち上げ方の教育・コルセット・禁煙・減量は無効であることが判明。
http://1.usa.gov/rUhxaG

■職場における腰痛の予防をテーマにした
ランダム化比較試験(RCT)を
分析した体系的レビューによると、
職場での運動は腰痛の予防に効果的だったが、
コルセット(サポートベルト)や
生体力学に基づく教育的介入は
腰痛を予防できないことが判明。
http://1.usa.gov/sJTnPJ

■頚部痛と腰痛の予防をテーマにした
27件の比較試験を分析した体系的レビューによると、
教育的介入(腰痛教室)、コルセット、人間工学的介入、
危険因子の修正に予防効果は確認できなかったものの、
運動だけがその有効性を証明できた。
http://1.usa.gov/sQ19b6

■職場における腰痛予防に
関する31件の比較試験を分析した体系的レビューによると、
運動は腰痛による欠勤、医療費、発症率を減少させ、
従業員の腰痛予防に有効であることが判明すると同時に、
集学的介入には疼痛軽減効果が確認された。
http://1.usa.gov/savytC

■荷役作業従事者の腰痛予防を
テーマにしたランダム化比較試験と
コホート研究を分析した体系的レビューによると、
重量物の持ち上げ方に関する
アドバイスやサポートベルトに腰痛予防効果はなく
腰痛による活動障害も欠勤も減少せずと結論。
http://1.usa.gov/sDGpce

■腰痛予防に関する体系的レビューの結果、
柔軟体操、ウイリアム体操、マッケンジー法などの運動療法には
筋力・持久力・柔軟性向上以上の利点があり、
動作や活動に対する自信、損傷に対する恐怖心、疼痛の捉え方を変化させる可能性あり。
http://1.usa.gov/vi52lt

■椎間板変性疾患というレッテルは
科学的根拠のある診断名ではない。
椎間板に異常があってもほとんどの患者は
手術をしなくても回復するため、
手術は優先順位の低い選択肢と考えて
保存療法で症状が改善しないごく一部の患者に限定すべき。
http://1.usa.gov/sJxrHg

■一般住民3,529名を対象に
マルチスライスCTで腰部の椎間関節症(OA)と
腰痛との関連を調査した結果、
椎間関節症の検出率は年齢とともに上昇したものの、
いずれの椎間レベルにおいても腰痛との間に関連は見出せなかった。
http://1.usa.gov/ucUd13慢性筋骨格系疼痛・うつ病・不安障害の間には強い関連がある。
精神疾患の併存は過去3ヶ月の活動障害日数と関連し、
疼痛のみでは18.1日、疼痛+不安障害は32.2日、
疼痛+うつ病は38日、
疼痛+うつ病+不安障害は42.6日。
http://1.usa.gov/vndBSW

痛み・悩みの原因を知り、根本から解決したい方 向けの治療院です。
広島市南区の整体 佐々木整骨鍼灸院
公式HP 広島市南区の整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院
最新HP広島市南区 整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院
広島市南区の整体 口コミNo.1の佐々木整骨鍼灸院
【あなたの こころ と からだ に 優しくアプローチします!】


The following two tabs change content below.
佐々木 雅康(ささき まさやす)

佐々木 雅康(ささき まさやす)

痛みの消失や不調の改善など現実的な様々な問題を抱え、不安や疑問を持たれている多くの方に、役立てるように施術していきたいと思います。
佐々木 雅康(ささき まさやす)

最新記事 by 佐々木 雅康(ささき まさやす) (全て見る)

佐々木整骨鍼灸院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療をなのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
佐々木整骨鍼灸院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談ください TEL 082-288-2373 受付:8:30~20:30
   ※水曜・土曜8:30~17:00
休診日:日曜・祝日
住所:広島県広島市南区東雲本町2-9-9 東園ビル1F
地図・行き方