広島市南区で整体や鍼灸なら、佐々木整骨鍼灸院。パニック障害・うつ・妊婦さんにも対応しています。

広島市南区で整体や鍼灸をお探しなら。

ロゴ
地図

受付・住所

ぎっくり腰の治療

  • HOME »
  • ぎっくり腰の治療

あなたは、ぎっくり腰になった時【安静が一番!】って思っていませんか?


下記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

  • ぎっくり腰ってどういう状態がぎっくり腰なの?
  • 何度もぎっくり腰になった事がありいつも腰を気にしている。
  • 急に腰が痛くなった。
  • 特に原因が無いのにいつの間にか腰が痛くなった。
  • 椅子から立ち上がろうとしたら腰が「ギクッ」となった。「ポキッ」と鳴った。
  • 下のモノを取ろうと 屈んだ時「ズキッ」となった。
  • いつまた「ビリッ」となるか?怖くて力が抜けない。
  • ぎっくり腰は冷やす事と安静にすること。
  • 腰が抜けた感じ。腰に力が入らない。
  • 腰の痛みだけで無く脚が突っ張ったり、痺れたり 力が入らない。

ぎっくり腰の症状と大事な事

ぎっくり腰になった事がある方は、わかると思いますが、ホントに激痛です!ただ何でも程度があるので ぎっくり腰でも軽いモノから、重たいモノまで様々です。そして痛みの感じ方も人それぞれで痛みに敏感な人や鈍感な人など色々です。

ぎっくり腰になった時に大事な事は、【安静にしない事!】(といっても痛いのを無理して動け!という意味では無く、痛くない範囲で動く事!動くというのは、仕事で動く事は動いている訳では無く疲れているだけ(笑)。動くとは歩いたり日常動作を普通に行なう事です。)

そしてよく聞かれる事は 冷やすのか?温めるのか?ですが、急性の痛みは本来冷やす事が基本ですが、腰を痛めた状況と傷めた程度により 腰を触って熱があるようでしたら冷やす事ですが、そうで無い場合は、温めた方が良いです!よほど酷い場合を除き、日常の何気ない動作でぎっくり腰になった場合は、ほとんど温めた方が良いと思います。

よくわからない場合はお風呂に入って楽な場合は温める。お風呂に入ってズキズキと痛む場合は炎症があるので冷やす事。

ただお風呂に入った時、大きなお風呂だったら良いのですが、小さなお風呂では温めて痛くなった訳では無く、狭いお風呂に入った姿勢が負担になる場合がありますので注意が必要です。

最後に一番ぎっくり腰になって大事な事は【怖がらない事】です!

不安になったり怖がる事で必要以上に力が入り力を抜く事が難しくなり、必要以上に治るまでに時間がかかる事があります。 急性の腰痛(ぎっくり腰)の80%は2週間あれば自然治癒するというデーターがあります。2週間経っても治らない場合は 何か治癒を妨げる色々な要因があるのだと思います。(仕事・家事・育児・ストレス・内科的疾患・うつ等その他色々)

痛み止めなどの鎮痛剤の使用は、痛みに弱く不安や恐怖心が強い方は、胃腸が悪くなければ上手に使ったら良いと思います。痛みを長引かせると脳が記憶しますのでなるべく早く痛みを取り除く事が大事です!

ただ痛み止めを使って無理に仕事をしたり 痛みを誤魔化して無理をするという使い方は、症状を悪化させる可能性があるので止めて下さい。

痛みは「身体が訴えるメッセージ!」だと言う事を頭に入れておいて下さい。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰自体は急に起こるので、急性の問題に思うのですが、普段何気ない動作でいつもはならないのに、何故 今回はぎっくり腰になったのでしょうか?

ぎっくり腰や寝違いなどの急性の痛みは 傷める前の身体の状態が影響します。
外傷の場合は別ですが。

ぎっくり腰や寝違いなどの急性の痛みが出現する前に、身体の疲れや弱り、暴飲暴食などの胃腸への負担、寝不足、ストレス、あと風邪が影響している場合があります。もう一つ気候の影響(温度差や湿度 気圧なども影響する事があります。)

先ずこの辺の事を見直してみて下さい。

これらの要因があって、たまたまのタイミングで何気ない動作でぎっくり腰になる事がほとんどです。あとは不良姿勢で何か作業をした場合ですね。

それらの事を意識した上で 根本的ないつもの原因があります。

  1. 構造的問題(姿勢や骨 筋肉 筋膜など 身体が重力に対して理想的な状態にあるかどうか?)
  2. 内臓の問題(内臓の弱りが腰痛 肩こり背中の痛みなど様々な痛みに関連する事があります。)
  3. 精神的ストレス(心理的要因)
  4. 自律神経の影響(自律神経自体が原因では無い)
  5. 身体の使い方の問題
  6. 東洋医学でいう気・血・水の滞り
  7. 遺伝的・先天的問題
  8. 内臓に関係しますが、食べ物や化学物質等
  9. 電磁波・ジオパシックストレス(水脈、断層、碁盤目から放射される波が人体に与える緊張)
  10. 前世の問題・霊的問題(あまり一般的ではあり有りませんが・・・)

当院でのぎっくり腰に対しての施術方法


ぎっくり腰の場合、ぎっくり腰は急になったというだけで、ぎっくり腰の中には椎間板ヘルニアや分離すべり症・椎間板症・脊柱管狭窄症・圧迫骨折・椎間関節の問題、筋・筋膜性など様々な病態があります。

単純な筋・筋膜性の腰痛の場合は、来院時動けないくらいの状態でも施術後はスタスタと歩いて帰られる事は珍しくありませんが、そうで無い場合は簡単に治らない場合も多々あります。

それと肉体的・精神的な疲れが大きい場合や内臓の問題がある場合も時間がかかる事があります。

あとは風邪を引いている時。

リュウマチがある方も要注意です。

上記を踏まえ、先ず一番楽な姿勢を見つけてもらいます。そこからどの動きが楽でその動きが痛いのか?動診を行ない、楽な動きを組み合わせて施術をしていきます。
(これは自分で出来るので 自宅での療養法としてお伝えします。)

そして動きが改善してきたら、その中から出来る施術を選択し、少しでも楽な状態になるようにただ100%痛みを取る事を目的とせず、60%の改善を目指しています。(やり過ぎた場合、次の日に激痛が出たり動けなくなる場合がありますので)

よくぎっくり腰も骨がズレたなどの表現をされる先生方がいらっしゃいますが、骨がズレる原因は 筋肉の過緊張によって引き起こされますので、筋肉の過緊張を緩めると、自然と骨のズレ(当院では骨のズレという説明はしませんが)は正されると思っています。ぎっくり腰の場合は操体法やオステオパシーの技法の中に、カウンターストレインという技法があるのですが、こういった急性の痛みには安全に対処しやすいので、そういった技法や鍼灸、キネシオテーピング、皮内鍼等を用いて施術いたします。

当院の身体の捉え方・治し方について

当院では、痛み・不調の原因を様々な要因を考えて、色々な角度から身体や心に対してアプローチしていきます。具体的には身体の構造(背骨や骨盤の歪みなど)機能(効果的な動きや働きが行われているのか?)の異常を見つけ出し、筋肉や骨格、内臓や血流・リンパの流れが良くなるように、身体全身に対しての調整を行います。

そしてストレス社会の現代において、精神的な部分でのケアは必須であると思われます。

その為に様々な心理療法も取り入れ、心の健康も保てるように、身体のみならず心の不調も解消できるようにアプローチしています。

以上のことを重視しながら、今は脳の働き・脳の機能も考慮し、様々な効果的な刺激を身体に与えていきます。

具体的な手法としては整体では、クラシカルオステオパシーや身体呼吸療法、操体法なの手技をメインに全身調整を行い、鍼灸では、中医学的な考え方を中心に、身体全身の気・血の流れを整え、YNSA(山元式新頭鍼療法)なども取り入れ、より効果的な鍼灸治療を行っています。

心理面に関しては、ボディーサイコセラピーという心理療法の考え方を中心に、NLP(神経言語プログラミング)、催眠療法、EFT(タッピング療法)、認知行動療法を適宜用いてアプローチします。

ここ最近は栄養療法も勉強中でこちらもこれから積極的に取り入れる予定です。

続きはこちら

ぎっくり腰の施術料金

平成28年4月より消費税を頂きます。

施術時間 初診 2回目以降
60分前後 11,500円 8,500円

【オススメする方】
・少しでも早く楽になりたい方

施術時間 初診 2回目以降
30分前後 11,500円 8,500円

【オススメする方】
・普通に楽になりたい方

気軽にご相談ください TEL 082-288-2373 受付:8:30~19:00
   ※水曜・土曜8:30~17:00
休診日:日曜・祝日
住所:広島県広島市南区東雲本町2-9-9 東園ビル1F
地図・行き方

施術メニュー

当院について

営業時間
8:30~19:00
※水曜・土曜8:30~17:00

休診日
日曜・祝日

住所
広島県広島市南区
東雲本町2-9-9 東園ビル1F

地図・行き方

気軽にご相談ください

TEL 082-288-2373

ご予約はこちら

お問い合わせ

ピックアップ

PAGETOP
Copyright © 佐々木整骨鍼灸院 All Rights Reserved.