広島市南区で自律神経失調症・整体施術なら

〒734-0023 広島県広島市南区東雲本町2-9-9 東園ビル1F

  日祝
8:30~12:00 ×
14:00~19:00 ×

△:8:30~12:00、14:00~17:00
定休日:日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

082-288-2373

起立性調節障害

当院へは起立性調節障害と病院で診断された子供さんが多く来院されています。

・朝が起きられない・起きにくい。

・朝起きると頭痛がする。

・朝起きて学校に行こうとするとお腹が痛い。

・朝起きてもフラフラする。

などいわゆる学校に行きづらくなっている子供さんの多くが病院へ行くと起立性調節障害と診断されることが多いと思います。

しかし起立性調節障害という病気だから学校へ行けないのでしょうか?

起立性調節障害のメカニズムとしては自律神経や思春期のホルモンバランスなどが関係していますが単純に身体だけの問題なのでしょうか?

これまで多くの起立性調節障害と診断された子供さんが来院されましたが、身体だけの問題ではなく学校での勉強・友達・先生・クラブ活動等での問題。

家庭内での問題。

その他、発達系の問題や色々な要素が加わって学校に行きにくくなって起立性調節障害と診断されている子供さんが多いように感じています。

そして、それだけではなく元々感受性が強く周りに気を遣いすぎる子供さんも増えています。

ここ数年HSP(Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン))という言葉も認知されてきました。

・他人に気分に左右される
・すぐにびっくりする
・光や音、匂いなどの刺激が気になってしかたない
・周囲の人の気分や感情に左右されて動揺しやすい
・相手のことを考えすぎて断ることができない
・他人からの評価や他人との競争が大嫌い
・一度にたくさんのことを頼まれるのが苦手、混乱する
・ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける
・感情やイメージをたくさん感じているのに、うまく言い表すことができない

このようなタイプの子供さんが普通に学校に行くのは辛いことだと思います。

当院では起立性調節障害の子供さんの施術のゴールを学校へ行けるようになることだとは考えていません。

子供さんが元気に楽しく日常生活を過ごせる事が一番だと感じています。

そのため起立性調節障害の子供さんの施術は子供さんの身体への施術とカウンセリングを中心に行います。

個人的には今の教育システムに問題があると感じていますが、このシステムの中で子供達は適応しないといけないので大変です。

具体的な施術は1人1人全く違うのでこれまで診てきた症例を載せたいと思います。

 

起立性調節障害について

投稿日 : 2016年8月23日  
 
 

こんばんは。広島市南区の整体・鍼灸 佐々木整骨鍼灸院です。久しぶりの連続投稿です。(笑)

8月に入って、起立性調節障害の学生さんが増えました。3月も多いのですが、やはり親とすれば、新学期から学校に行って欲しいと言う思いが強いため、新学期が始まるまでに~と思われるのですが、そう簡単に症状が改善されるケースは残念ながら少ないです。。。 (^_^;)

詳しくは、こちらのHPをご覧下さい。

起立性調節障害

起立性調節障害と不登校は切っても切れない関係で、自律神経の調整が上手く出来ず、血圧の調整が上手く出来ないために、朝起きられないとか、頭痛とか、色々な症状が出てきて、いかにも身体(肉体的)が悪いような印象ですが、ほとんどの場合が本人の自覚がある場合と無い場合がありますが、精神的(メンタル)なストレスが影響しています。勉強の問題・友人関係・もともと対人関係が苦手なタイプ・緊張しやすいタイプ・先生との相性・クラブでの問題・いじめ・・・本当に様々で、一つだけの原因・要因だけでなく、親の対応等も影響して、悪循環に陥ってしまい 不登校になってしまう事が多いように思います。

 

ここ最近読んだ本で、わかりやすかったのが、こちらの本です。本来はセラピスト・先生向けの本ですが、是非 起立性調節障害と診断され、不登校気味になった子供さんをお持ちの方は読んで欲しいと思います。

不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー

よく問い合わせで「鍼灸で起立性調節障害は、治りますか?」とか「起立性調節障害と診断されたのですが、鍼灸で何とかなりますか?」とか聞かれるのですが、全く精神的ストレスが無いのであれば、身体自体は鍼灸でも整体でも良くなると思います!ほとんどの場合は身体の緊張が強く、身体を緩められない状態になっているので、身体の緊張が緩むと身体は楽になります。特に首すじの緊張やお腹の緊張、頭の緊張が強い場合が多いです。(中には身体が弛緩しすぎているタイプもあるのでこの場合はまた違ったアプローチが必要です。)

 

しかし、長期化した起立性調節障害は、身体の問題だけでなく、精神的な部分でも問題を抱えている場合が少なくないので、先ずは子供さんとしっかりと信頼関係を作って、何でも話しが出来る環境を作る事が大事な場合もあるので、その場合は身体の治療の前に 様々な小道具を使って(ダーツやバランスボード、バランスボードや目のトレーニング用ゲームやポケモンGO、トランポリン、ボクシング・・・・)遊びの中で 血圧計や酸素濃度計・眼球運動などを用いて客観的評価をしながらカウンセリングが必要な場合はカウンセリング まだ話しをする段階でなければ、身体からのアプローチ、親の対応の問題が関係している場合は親へのカウンセリングと、case-by-caseで対応しています。

なので「どうやって起立性調節障害の施術をされるのですか?」と聞かれても、なかなか難しい。。。(^_^;)

 

症例を書こうと思ったのですが、話しが長くなったので、また次回・・・続きシリーズかな??

起立性調節障害について 2

投稿日 : 2016年8月25日  
 
 

こんばんは。広島市南区の整体・鍼灸 佐々木整骨鍼灸院です。頑張って書いてます~

ここ最近の起立性調節障害と診断された方について少し書いていこうと思います。

一人目は高校3年生の女子 1年前から調子が悪く、朝起きられない。頭痛・吐き気・気分が悪く学校に行かれない日が多くなり病院へ行き、起立性調節障害と診断されるも、心療内科やその他の病院へ行っても改善されないため、当院へ来院。

初診時 お母さんが無理矢理連れてきた感じだったので、先ずはお母さんと30分ほど経過を聞き、それから娘さんと話しを聞きたかったが、全く目を合わせず、こちらの問いかけにも「わからん。忘れた。」の連発。。。 (>_<) 手首を見ると自傷行為も・・・

こういったケースは 先ずは患者さんと友達になる事が最優先!

 

血圧計で寝た状態と座った状態の変化や血中酸素濃度計での検査 眼球運動など客観的に評価できるモノを計測。それから身体の状態をチェックし、今の状態をホワイトボードに書き出し、説明するも反応無し。。。

仕方ないので、裏技を使い少し話しを聞いてくれるようになった。(笑)

それから少し目を合わせてくれたので、もう一度色々と問診をしながら、先ずは身体の状態を整えてから色々な事を話し合って良い方向に向かうようにやっていこう~ということから始まり、何とか無事に一学期を過ごしたが、出席日数がギリギリで色々な提出物を出すように指示されるも色々と困難が多く、ついには「学校を辞めたい!」と。

 

僕自身は「辞めても良いじゃん!」と思っているのだが、親としては あと少しなんだから頑張れ!と。(ここで親と娘さんが喧嘩。。。)

良くあるパターンだが仕方ないので、もう一度親と話しをし、色々な選択の可能性について認める方向で落ち着いた。

まだまだ問題は解決していないのだが、親が少し変わることで変化が出てきそうな予感。

 

もう一例は、高校1年の男子 去年の秋ごろから調子が悪くなるも、何とか志望校へ入学。しかし、入学後も調子悪く、欠席がちだが何とか一学期終了。夏休みになって調子を取り戻してきたが、母親としては、二学期チャンと学校行けるかどうか?不安なため先週来院。

この子はチャンと話しをする事が出来たが、本人の口から(そしてお母さんも不登校についてはあまり話さないでください。との事だったので(これも何か問題ありだな。。。))不登校のことや起立性調節障害についての話しは出なかったので、先ずは身体の状態をチェックし、首と頭 お腹の緊張が強いため、もしかして過敏性腸症候群もあるのかな?と思い、「お腹の調子悪くない?」と聞くと、ビンゴ!

それから血圧等をチェックすると寝た状態低かったので(座ると正常なのでそれほど調整自体の問題があるとは思えない。)「朝、起きるの辛くない?」と聞くと本人の口から「実は・・・」と色々と話してくれた。 (^_^)v

しかしこの日は それ以上触れず、身体からのアプローチをメインに施術していたら寝ちゃったので(笑)その日は終了~。

これからが、本番だな~ 次回以降の反応を見ながら あの手この手で進めていこうと考え中。

 

このような感じで起立性調節障害って診断されても、その子その子でアプローチが全く違うので、その当たりの事をご理解の上 来院されたいと思われましたら是非!

 

子供の整体・鍼灸について

投稿日 : 2016年10月4日  
 
 
 
 

こんばんは。 広島市南区の整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院です。

今日は午前中高校2年生の女子が 昨日から頭が痛くて、痛み止めを飲んでも効かないという事でお母さんに連れられて来院。

お母さんは以前から肩こりや腰痛 軽いパニック症状等で来院しており 今は調子が良いのでご無沙汰でした。

娘さんに色々と話しを聞きながら、身体の状態を確認すると、首から肩がパンパン でも 急になった感じのものではなく、以前からパンパンに張った感じでこの固さは今の頭痛の直接的な原因では無さそう~

頭痛が出始めたのが先月からで夏休み明け。高校2年で進学校なので、勉強のストレス?

色々と話しを聞くとやっぱりそうみたい。ただ思春期の女子の場合、生理の関係や友達関係、部活 学校の行事そして家庭環境など色々な心理的要素も関係してくるのでその辺りも注意してみていく必要があります。勉強のストレス以外はそこまで無さそうだったので、一応身体全体の緊張を緩め、首周辺 頭の緊張を緩め頭痛が消失したので終了。

 

少し経過を診て、頭痛の起こる頻度がどのように変化するか様子をみたいです。

 

夕方は小学校5年生の男子がまたまたお母さんに連れられて来院。5日前から手首が痛くなかなか治らないので~と。話しを聞くと手首の上の骨の部分を机の角に思いっきりぶつけたとの事。診ると あれ尺骨の一部分だけ腫れてる。打撲は打撲だけど微妙な感じ。本来柔道整復師なので外傷は得意分野ですが、なかなか鑑別が着きにくいモノもあります。どうしても骨折の可能性があるモノは整形外科に紹介してレントゲンを撮って頂きますが、微妙でそれほどしっかりと固定する必要が無い場合は、包帯やテーピング等で少し固定して経過を観察します。とにかく元気が良い子だったので(苦笑)少し固定して様子をみたらはっきりすると思います。

 

今日の来院ではありませんが、先週終わりに「子供が癇癪持ちでイライラが酷いから小児鍼をお願いします。」とのことで小学校3年生の男子来院。

話しを聞くと小さい時から癇癪持ちで(これも注意して聞かないと ただ親の言う事を聞かないだけ~みたいなのもあります。(^_^;))イライラして直ぐ怒る!との事でもう少し詳しくお話しを聞くと、言葉を喋るのが遅く、県病院等へ来院していたとの事。結局 発達障害等はなく、自然と話せるようになったらしいのですが、こんなタイプの子は、少し言葉に対しての反応(聞く事も喋る事も)が遅くそれを上手く表現出来ないからイライラして癇癪が出る事があります。

身体を診ると小学生なのに身体のあちこちが緊張している。(最近の子供さんは特別症状がなくても多いのですが。。。)

先ずは小児鍼のやり方をお母さんに教えながら、子供さんを施術。実際にお母さんにも力加減を体感してもらい家で毎日してあげるように指導。それから少し身体全体のバランスが整うように整体。股関節がメチャクチャ固い。。。自分で出来るストレッチ等も子供さんに伝え終了。

 

このように多くの子供さんが来院しておりますが、その子その子 年齢や男子・女子 スポーツ選手 受験生等々 色々な子供さんが来院されますので、様々な方法を用いて子供さんの整体・鍼灸を行っております。最近は小学生の頭痛や肩こり 腰痛も普通にあります。

子供だから 整体や鍼灸は 早いだろう!とか 子供の整体や鍼灸って大丈夫?って思われるかもしれませんが、子供の時から身体のケアを行い、身体を整える事でメンタル面に対しても対処出来やすくなる事を実感しております。

怪我をして接骨院・整骨院という時代では無くなってきているので、昔ほど外傷の子供さんの来院は少なくなってきていますが、外傷では無く、子供さんの様々な症状に対しても(中には不登校の子も。そして今はいわゆる発達障害と診断された子も)対処出来ますので、子供さんの様々の症状に対して不安を感じている親御さんは多いと思いますので、心配な場合は是非ご来院下さい。

 

起立性調節障害・めまい・首の痛み・頭痛の施術について

投稿日 : 2016年12月7日  
 
 
 
 
 
 

こんばんは。 広島市南区の整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院です。

今日来院した中学3年生の女子。今年の3月から急にめまいが起きたが、4~5日でめまいが治り、その後6月も同じ感じでめまい出現。この時も4~5日で治る。一応耳鼻科に行って薬を貰って落ち着いたようだ。そしてお盆明けにもめまいが起き、それからがなかなか治らず、9月の初めに酷いめまいが起こり、大きな病院で様々な検査。

特に大きな問題は無く、結局 起立性調節障害 という診断が下る。。。

そこから学校に行けなくなり、漢方薬と血圧を上げる薬で少し良くなって、何とか学校へ行けるが、学校に着くと 気分が悪くなり1時間だけ授業を受けて帰宅するという状態らしい。

症状としては めまい(フラフラ・フワフワで回転性の眩暈では無い。)・首の痛み・頭痛・直ぐ気分が悪くなり吐きそうになる等々

立ち上がりや階段などでも直ぐ気分が悪くなり、お風呂も気分が悪くなる。

血圧を計ると 今は上が 120 下が 86 で問題ない。 寝た状態と立った状態で比較する必要が無さそうだったので、血圧よりも脈拍の変動をチェック。

すると、色々な刺激で 変動が激しく なかなか落ち着かない。

眼球運動をチェックすると斜めで気分が悪くなる。 片足立ちも開眼・閉眼共に不安定。足踏みテストも左へ大きく廻る。

 

以上のことから色々と考察し、一番初めにめまいが起きた時 何か変わったことが無かったか?聞くと 超スパルタ塾へ通い始めたようで、相当 肉体的・精神的にキツかったようだ。

中学3年生の子供さんや高校3年生の子供さんの場合 受験という最大のストレスがあるので、先ずは勉強でのストレスをしっかりと把握し、何が一番の問題なのか?勉強自体が出来ないのか?志望校が望みが高すぎるのか?親の希望と子供さん自体の希望のすれ違い・・・等々をはっきりさせたい。

そして、それに対しての親と子供さんの理解を一致させること。

それから今現在の生活リズム・食事の好き嫌い・運動などを確認し、問題があればそれに対してのアドバイス。

子供さん本人の性格。(頑張り屋さんなのか?楽天的なのか?神経質なのか?こだわり等があるのか?・・・)

勉強面だけで無く、友達関係やクラブ 学校の先生との相性も大事。(いじめ等があればそこは学校との対応が必要になる。。。)

そういった部分を聞いていくと特に問題は無く、今回はやっぱり スパルタ塾が一番の原因だったようだ。

そして、めまいが起こると以前めまいについての記事にも書いたが、恐怖感のため身体が緊張し、首の凝りや頭痛が起きやすくなり、悪循環になるので、恐怖感の克服が大事。なので今回は 先ず 目のトレーニングを指導し、耳周辺の緊張を取るやり方とめまいが起きた時の対処方法を伝え、もう一度足踏みテストをすると改善し、納得して貰う。それから、実際に身体の施術と自宅でやって欲しい身体の緊張を緩める方法を伝えて、片足立ちをしてもらうと安定し、待合室から診療室に入ってもらう時は、ふらつきながら入ってきたのだが、帰りは普通に歩けるようになっていた!

色々な注意事項を伝え、今日は終了。

 

起立性調節障害は副腎疲労だった!という事が最近言われているが、どちらもただの病名で 肉体的・精神的等のストレスにより自律神経の調整が上手く出来なくなっている状態で、それが長引くと、その症状自体がストレスとなるので、抜け出しにくくなってしまう。シンプルに考えた方が良いと思うのだが・・・

 

今度は2週間後に来院予定なので、改善していることを願う。

 

起立性調節障害・めまい・首の痛み・頭痛の施術について Ⅱ

投稿日 : 2016年12月14日  

こんばんは。 広島市南区の整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院です。今日も嬉しい便りを紹介~ ♪

先日来院した起立性調節障害・めまい・首の痛み・頭痛のため、学校に普通に登校できない中学3年生の娘さんの親御さんからメールを頂き、「施術後から酷いめまいがなく、体調がかなり落ち着いてきた。」と、嬉しい連絡。

 

この調子で少しずつめまいが無くなり、怖さが無くなってくれると、身体の緊張が緩むので順調に回復する可能性が高い。ただこれから寒くなりそうなので、室内と室外の温度差や学校の試験など肉体的・精神的ストレスが増してくるので、その時に身体がどのように反応するか?が心配。

 

次回の来院時にはもう少し自律神経系に対してのアプローチと自宅での養生法・トレーニングをお伝えしたいと思う。

動画は起立性調節障害の自律神経の影響についてはわかりやすいが、不登校の原因としての起立性調節障害や副腎疲労という考え方は個人的には???。
原因では無く、結果だと思う。

 

自律神経の施術について

投稿日 : 2017年1月6日  

こんばんは。 広島市南区の整体 鍼灸 佐々木整骨鍼灸院です。

当院では いわゆる自律神経失調症なのですが、とか自律神経の調子が悪いのですが、、、という事で来院され、動悸・息切れ・めまい・ふらつき・手足の冷え・胃腸の不調・喉のつまり・肩こり・頭痛・・・・そしてパニック症状などを訴えられることが多いのですが、治療(施術)を行う前に、必ずその症状が出るメカニズムを詳しく説明します。

 

そもそも自律神経失調症という病名は無いのですが、自律神経の調整が上手く行なう事が出来ず、出てくる症状の総称で、こちらのHPでわかりやすく説明しています。

 

自律神経失調症 – 日本臨床内科医会

あと自律神経失調症に似た名前で、心身症というモノもあります。

心身症についてはこちらのHPがわかり易いです。特に子供の心身症について詳しく書かれています。

 

小児の心身症-総論

起立性調節障害も含め、子供さんの不定愁訴で悩まれている方は、こちらのHPは是非読んで欲しいです。(治療法は書いていませんが・・・)

 

で、初めにも書いたように、先ず自律神経の調整が上手く出来ず様々な症状が出てくる訳ですが、メカニズムについて、説明するのですが、大事なことは自律神経について交感神経・副交感神経 そして ホルモンとの関係(これは更年期障害とも関係します。)これらの基礎的な知識が大事になるので、生理学の基本を毎回説明しています。

そして、何か?わかりやすいモノは無いだろうかと探していたら、、、

 

ありました。高校生?中学生?の為の受験用のお勉強シリーズが メッチャわかりやすい!

詳しく学びたい方は必見です!

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
082-288-2373
受付時間
8:30~12:00、14:00~19:00
水曜・土曜 8:30~12:00、14:00~17:00
定休日
日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

082-288-2373

<受付時間>
8:30~12:00、14:00~19:00
水曜・土曜 8:30~12:00、14:00~17:00
※日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/11/22
ホームページを公開しました
2021/11/19
「施術案内」ページを更新しました
2021/11/18
「アクセス」ページを作成しました

佐々木整骨鍼灸院

住所

〒734-0023
広島県広島市南区東雲本町2-9-9
東園ビル1F

アクセス

広電バス4号線(仁保・向洋方面行き)東雲1丁目下車、徒歩3分
広電バス4号線(仁保・向洋方面行き)東雲2丁目下車、徒歩3分
駐車場:2台有り

受付時間

8:30~12:00、14:00~19:00
水曜・土曜]8:30~12:00、14:00~17:00

定休日

日曜・祝日